指定信用情報機関のCICってなんですか?

正式名称は株式会社シー・アイ・シーで、クレジット会社の共同出資によって設立されました。
主に消費者金融やクレジット会社が会員として加盟している信用情報機関です。
信用情報機関は全部で3つの機関があり、CICの他にJICCとJBAがあります。
主な事業はその他の指定信用情報機関と同じく、信用情報の管理と情報提供を行なう法人です。
これまで金融業者の信用情報機関への加入は任意でしたが、信用情報をより詳細なものとしそれを共有するために今現在では加入は義務化されています。
割賦販売や消費者ローンを利用すればもちろんのこと、支払いの延滞や債務整理をした場合もCICが管理する信用情報にその事実が記録されます。
CICの信用情報に登録される内容は、氏名、生年月日、住所、電話番号といった基本的な個人情報とローンやクレジットの契約年月日、貸付金額、残高、支払い遅延の有無といった情報も登録されています。
CICに登録されている信用情報は開示請求することで確認が可能です。
来社若しくは郵送やインターネットにて開示請求すること出来ます。
稀に金融業者等が間違った情報を登録してしまうこともあり、その場合は問い合わせれば訂正してもらえます。
見に覚え場がないにもかかわらず審査に落ちてしまうという方は、ローンやクレジットの申し込みをする前に一度開示請求してみると良いでしょう。興味がある人はコチラへ

シンジゲートローンってなんですか?

大口の資金ニーズに対し複数の金融機関が協同融資を行なうことをシンジケートローンといい、別の名を協調融資とも言います。
貸し手と借りて共にメリットが有る融資方法で、貸しては危険分散を借りては大口の資金を効率よく調達することが可能となります。
各国政府や政府機関に対して世界各国の銀行がシンジケートを組成して行なうことが始まりで、今では国だけに限らず金融機関でも協調し同一条件のもとで融資を行なっています。
交渉等の取りまとめ役をアレンジャーと言い、資金を調達する金融機関と話し合い利率や期間を設定し分担して融資を行ないます。
アレンジャーは金利設定できる権限があるだけでなく、手数料やエージェントフィーを請求することが出来ます。
非常に美味しいポジションであると言え、各金融機関はアレンジャーになろうと競争が起こっているほどです。
融資条件は1つの融資契約書に基づき統一されます。
シンジケートローンはまずアレンジャーを指名し、指名を受けたアレンジャーが金融機関の募集、契約手続き等を開始します。
様々な準備が整いシンジゲート団が組成され、その後協調融資が実行され資金の調達は終りとなります。
その後、エージェントに就任したアレンジャーは資金決済業務等を行ないます。お金借りるならどこ?