シンジゲートローンってなんですか?

大口の資金ニーズに対し複数の金融機関が協同融資を行なうことをシンジケートローンといい、別の名を協調融資とも言います。
貸し手と借りて共にメリットが有る融資方法で、貸しては危険分散を借りては大口の資金を効率よく調達することが可能となります。
各国政府や政府機関に対して世界各国の銀行がシンジケートを組成して行なうことが始まりで、今では国だけに限らず金融機関でも協調し同一条件のもとで融資を行なっています。
交渉等の取りまとめ役をアレンジャーと言い、資金を調達する金融機関と話し合い利率や期間を設定し分担して融資を行ないます。
アレンジャーは金利設定できる権限があるだけでなく、手数料やエージェントフィーを請求することが出来ます。
非常に美味しいポジションであると言え、各金融機関はアレンジャーになろうと競争が起こっているほどです。
融資条件は1つの融資契約書に基づき統一されます。
シンジケートローンはまずアレンジャーを指名し、指名を受けたアレンジャーが金融機関の募集、契約手続き等を開始します。
様々な準備が整いシンジゲート団が組成され、その後協調融資が実行され資金の調達は終りとなります。
その後、エージェントに就任したアレンジャーは資金決済業務等を行ないます。お金借りるならどこ?